星風Pの雑記帳

個人企画『ドームで上映会』 (Twitter: @DomeDeShow) 主催者。個人Twitter: @tagoshu

【ドームで上映会】会場、ドーム投影の特徴、上映システム、上映可能な映像形式などに関して

会場に関して

主な会場としては、厚木市コスモシアター を利用させて頂く方向であり、既にイベントの概要を説明させて頂いた上で、利用を許可する、という判断を頂いています。

厚木市コスモシアター は、直径 12 m の水平式ドームシアター (客席が平面上に並べられている) であり、ドーム型レンタルホールとして貸し出している、という点が大きな特徴です。

あくまでレンタルホールとしての貸し出しであるため、投影用機器に関しては、イベントの主催者側で持ち込む必要があります。

しかし直径 10 m 前後までであれば、2000 lm クラスのホームシアター用プロジェクター 1 灯でもそこそこ実用になるレベルの投影輝度が確保できますので、使い易いのです。15 m 超級になってくると、倍クラスの輝度を備えたプロジェクターが必要になるため、同人レベルでは実現が難しくなってきます。

(※ 4000 lm 級の民生用 DLP プロジェクターもあるにはあるのですが、そういった機種はビジネス用の機種であることが多く、ホワイトの輝度だけは高くてもカラーの輝度が驚くほど低いため、映像の上映用としてはいまいちだったりします。カラー輝度の点では 3LCD プロジェクターが有利であるようですが、個人的には実験した経験がないため、何とも言えません。)

客席数は 90 席ですが、前寄りの座席では映像が若干見辛い傾向がありますので、『ドームで上映会』の場合には、60 名程度を上限とさせて頂く方針です。 

ドーム投影の特徴に関して

半球状のドームシアターにおいては、全視界を覆い尽くすようなサイズで各種映像を超大映しすることが可能であり、これは平面スクリーンにおいては無理なことです。

しかしながら日本国内においては、ドームシアターにおける映画やアニメの上映会が、商業イベントとして実施されることは滅多にありません。従って、ドームシアターで観賞したければ、自分たちでやるしかないのです。ここに、このような上映会を同人イベントとして開催する意義があります。(※ 海外には IMAX ドームシアター というものが存在しており、ここで映画が上映されているようです。)

投影サイズは、使用するプロジェクターや魚眼コンバージョンレンズ次第で可変であり、半球ドームのほぼ全体を覆うような極端な超々大映しも可能です。このような方式での投影は、半球ドーム専用のドームマスター形式の映像や、HMD 等で用いられるパノラマ形式の映像の投影に適します。

続きを読む

【ドームで上映会】持ち込み映像の上映に関するスタンス

星風Pが主催する個人企画『ドームで上映会』では、参加者の皆さまが持ち寄った映像 (市販のアニメや映画等の映像ディスク、自作の平面映像・ドーム映像・パノラマ映像など) や静止画を上映する「持ち寄り上映会」のようなイベントも実施していきたいと考えています。ここに、持ち込み映像の上映に関するスタンスをまとめておきます。このスタンスは、原則として主催者側で用意した映像についても対象とします。なお、このスタンスは随時更新されます。

会場、ドーム投影の特徴、上映システム、上映可能な映像形式などに関して

主な会場としては、厚木市コスモシアター を利用させて頂く方向であり、既にイベントの概要を説明させて頂いた上で、利用を許可する、という判断を頂いています。

投影方式としては、ドームのほぼ全面を覆うような超々大映しも、平面用映像を見やすさとのバランスを考慮したサイズで超大映しすることも、通常の映画館と同程度のサイズ感で投影することも可能です。

詳細は、こちらの記事 をご参照ください。

VOCALOID キャラクター等を使用した映像に関して

クリプトン・フューチャー・メディア(株)

f:id:tagoshu:20180115230735p:plain初音ミクを初めとするクリプトン社の各種キャラクターを使用した映像に関しては、『ドームで上映会』として ピアプロリンク を申請し、2018 年 1 月 15 日に受理されましたので、上映可能です。ピアプロリンクは受理から 1 年間有効です。

なお、ピアプロリンクは「利用料 0 円の非営利有償サービス (イベント)」として申請しました。申請前にクリプトン社に相談したところ、「例え非営利の無料イベントであっても、イベントで上映する場合にはピアプロリンクを申請して欲しい」とのことでしたので、それに従った形です。

続きを読む

著作権法第38条第1項を根拠とした無料の映画上映会の実施に関する個人的なスタンス

著作権法第38条第1項」によると、「無料・非営利・無報酬の映画上映会であれば、権利者の許可を得ることなく無断で実施して構わない」ということになっているそうです:

各地の自治体が市民向けの無料の映画上映会を開催していますが、そういった上映会の開催にあたっては、恐らくはこの条項を根拠としているようです。

この条項に関する専門家による解説の一例として、こちらのブログ記事があります:

www.techvisor.jp

この記事を読んだ限りでは、私は「完全にホワイトとは言えないグレーゾーンではあるが、この条項をしっかり遵守して実施する限りにおいては、権利者から訴えられて負ける可能性はほぼ無さそうだ」「仮に、権利者がやめて欲しいと言ってきた場合、それは法的根拠の薄いお願いレベルのものに過ぎないため、それを無視して上映会を実施したとしても、権利者から訴えられて負ける可能性はほぼ無さそうだ」と判断しました。

もちろん、「例え訴えられる可能性がほぼ無いとしても、権利者から正式な許可を得ない限りは上映会を実施すべきでは無い」という考えもあるでしょう。ですが、私としては次のように考えています。

続きを読む

星風Pは、ニコニコプラネタリウム部を退会致しました

私、星風Pは、今夜をもってニコニコプラネタリウム部を退会致しました。サークルの現状の運営方針に個人的に賛同できなかったためです。今後は個人企画である『ドームで上映会』 @DomeDeShow に集中して行きますので、よろしくお願い致します。

ニコプラ部のTwitterアカウント @niconicoplanet では、私がサークル代表だった当時に、このアカウントを通じてドーム映像関連の様々な情報を集約する、という活動をしていたのですが…。

続きを読む

「白い製本テープ」は塗装可能なのでダンボール工作等に便利

ダンボール等で工作する際、貼ったテープの上に塗装したいことってありますよね。そこで、実際に塗装してみた例がこちらです。

f:id:tagoshu:20171225232103j:plain

左からダクトテープ、布テープ、ネオクラフトテープ、養生テープで、その上に油性塗料で塗装してみました。一応、塗装することはできるのですが、乾燥後に爪でひっかくと、簡単に塗装が剥がれてしまいます。学祭等で、展示が終わりるまで持てば充分、という場合であればこれでも問題ないかも知れませんが、長持ちして欲しい場合にはこれでは不安があります。

そこで、貼った上からしっかり塗装できる白いテープがないか色々探してみたのですが、良い製品がありました! コレです…!  

続きを読む

新プロジェクト『ドームで上映会』発足

新プロジェクト『ドームで上映会』を発足しました:
https://twitter.com/DomeDeShow
https://www.facebook.com/DomeDeShow/

これはプラネタリウムの半球ドームスクリーンで映画等を楽しもう、という同人プロジェクトです。著作権法第38条第1項準拠の合法・非公式・無料・非営利・無報酬の上映会として実施予定。

『ドームで上映会』はあくまで星風Pの個人サークルという位置付けであり、ニコニコプラネタリウム部とは別のプロジェクトという形ではありますが、ぜひこちらもよろしくお願い致します。