星風Pの雑記帳

個人企画『ドームで上映会』 (Twitter: @DomeDeShow) 主催者。個人Twitter: @tagoshu

【ドームで上映会】会場、ドーム投影の特徴、上映システム、上映可能な映像形式などに関して

会場に関して

主な会場としては、厚木市コスモシアター を利用させて頂く方向であり、既にイベントの概要を説明させて頂いた上で、利用を許可する、という判断を頂いています。

厚木市コスモシアター は、直径 12 m の水平式ドームシアター (客席が平面上に並べられている) であり、ドーム型レンタルホールとして貸し出している、という点が大きな特徴です。

あくまでレンタルホールとしての貸し出しであるため、投影用機器に関しては、イベントの主催者側で持ち込む必要があります。

しかし直径 10 m 前後までであれば、2000 lm クラスのホームシアター用プロジェクター 1 灯でもそこそこ実用になるレベルの投影輝度が確保できますので、使い易いのです。15 m 超級になってくると、倍クラスの輝度を備えたプロジェクターが必要になるため、同人レベルでは実現が難しくなってきます。

(※ 4000 lm 級の民生用 DLP プロジェクターもあるにはあるのですが、そういった機種はビジネス用の機種であることが多く、ホワイトの輝度だけは高くてもカラーの輝度が驚くほど低いため、映像の上映用としてはいまいちだったりします。カラー輝度の点では 3LCD プロジェクターが有利であるようですが、個人的には実験した経験がないため、何とも言えません。)

客席数は 90 席ですが、前寄りの座席では映像が若干見辛い傾向がありますので、『ドームで上映会』の場合には、60 名程度を上限とさせて頂く方針です。 

ドーム投影の特徴に関して

半球状のドームシアターにおいては、全視界を覆い尽くすようなサイズで各種映像を超大映しすることが可能であり、これは平面スクリーンにおいては無理なことです。

しかしながら日本国内においては、ドームシアターにおける映画やアニメの上映会が、商業イベントとして実施されることは滅多にありません。従って、ドームシアターで観賞したければ、自分たちでやるしかないのです。ここに、このような上映会を同人イベントとして開催する意義があります。(※ 海外には IMAX ドームシアター というものが存在しており、ここで映画が上映されているようです。)

投影サイズは、使用するプロジェクターや魚眼コンバージョンレンズ次第で可変であり、半球ドームのほぼ全体を覆うような極端な超々大映しも可能です。このような方式での投影は、半球ドーム専用のドームマスター形式の映像や、HMD 等で用いられるパノラマ形式の映像の投影に適します。

続きを読む

星風Pは、ニコニコプラネタリウム部を退会致しました

私、星風Pは、今夜をもってニコニコプラネタリウム部を退会致しました。サークルの現状の運営方針に個人的に賛同できなかったためです。今後は個人企画である『ドームで上映会』 @DomeDeShow に集中して行きますので、よろしくお願い致します。

ニコプラ部のTwitterアカウント @niconicoplanet では、私がサークル代表だった当時に、このアカウントを通じてドーム映像関連の様々な情報を集約する、という活動をしていたのですが…。

続きを読む

「白い製本テープ」は塗装可能なのでダンボール工作等に便利

ダンボール等で工作する際、貼ったテープの上に塗装したいことってありますよね。そこで、実際に塗装してみた例がこちらです。

f:id:tagoshu:20171225232103j:plain

左からダクトテープ、布テープ、ネオクラフトテープ、養生テープで、その上に油性塗料で塗装してみました。一応、塗装することはできるのですが、乾燥後に爪でひっかくと、簡単に塗装が剥がれてしまいます。学祭等で、展示が終わりるまで持てば充分、という場合であればこれでも問題ないかも知れませんが、長持ちして欲しい場合にはこれでは不安があります。

そこで、貼った上からしっかり塗装できる白いテープがないか色々探してみたのですが、良い製品がありました! コレです…!  

続きを読む

新プロジェクト『ドームで上映会』発足

新プロジェクト『ドームで上映会』を発足しました:
https://twitter.com/DomeDeShow
https://www.facebook.com/DomeDeShow/

これはプラネタリウムの半球ドームスクリーンで映画等を楽しもう、という同人プロジェクトです。著作権法第38条第1項準拠の合法・非公式・無料・非営利・無報酬の上映会として実施予定。

『ドームで上映会』はあくまで星風Pの個人サークルという位置付けであり、ニコニコプラネタリウム部とは別のプロジェクトという形ではありますが、ぜひこちらもよろしくお願い致します。

中学校の自転車用ヘルメットに関して

次のような内容の文書をNHK、鹿児島県、鹿児島市立伊敷中学校、および私の出身校である高岡市立芳野中学校に対して送付しました。

鹿児島での自転車用ヘルメットの義務化に関する12/15朝のNHKニュースを見ましたが、残念な点があります。それは中学生が着用していた自転車用ヘルメットに関してです。

あれは全国的に中学校においてよく見られるタイプのものだと思いますが、工事用ヘルメットに近いものであり、自転車用としては性能が不充分である可能性が考えられます。ニュースのインタビューでも、中学生が「汗をかくから被りたくない」と答えている場面がありましたが、あのような低質なヘルメットだからこそそうなってしまうのです。

自転車専用に設計されたヘルメットには、もっと通気性が高く、着用感が快適で、衝撃吸収能力にも優れたものがあります。

こちらの記事もぜひお読みください:
https://trafficnews.jp/post/47043

 

【ネタバレ有り】『ローグ・ワン』には帝国軍兵器への愛が絶望的に足りない

世間では絶賛されているらしいローグ・ワンですが、個人的には余りにもがっかりでした。その理由は、帝国軍の殺気が全く足りず、戦闘シーンが緊張感に乏しいためです。

インペリアル級スター・デストロイヤーといえば、帝国軍が誇る大型戦艦です。その全長は実に1.6kmであり、無数の砲台が搭載されています。その恐ろしさは、Ep4の冒頭シーンで実に的確に表現されていましたよね。

今作『ローグ・ワン』においては、このスター・デストロイヤーこそが最大の強敵であり、その恐ろしさをいかに巧みに描くか、が、戦闘シーンに緊張感を生む上で最大の鍵と言えるでしょう。

帝国軍は、このスター・デストロイヤーを少なくとも数十隻という規模で配備しています。一方の同盟軍の艦隊は、というと…

続きを読む