星風Pの雑記帳

個人企画『ドームで上映会』 (Twitter: @DomeDeShow) 主催者。個人Twitter: @tagoshu

「白い製本テープ」は塗装可能なのでダンボール工作等に便利

ダンボール等で工作する際、貼ったテープの上に塗装したいことってありますよね。そこで、実際に塗装してみた例がこちらです。

f:id:tagoshu:20171225232103j:plain

左からダクトテープ、布テープ、ネオクラフトテープ、養生テープで、その上に油性塗料で塗装してみました。一応、塗装することはできるのですが、乾燥後に爪でひっかくと、簡単に塗装が剥がれてしまいます。学祭等で、展示が終わりるまで持てば充分、という場合であればこれでも問題ないかも知れませんが、長持ちして欲しい場合にはこれでは不安があります。

そこで、貼った上からしっかり塗装できる白いテープがないか色々探してみたのですが、良い製品がありました! コレです…!  

これ、製本テープの一種なのですが、テープの上に捺印できるようになっています。何故捺印できるのか? それは、表面がノンコーティングの白い紙だからです。従って、あらゆる塗料でしっかり塗装できますし、重ね貼りもできます。また、製本した書類を長期保存する必要性に対応するため、長持ちするように作られているようです。

f:id:tagoshu:20171225232445j:plain

そして、裏面はこうなってます。方眼模様入りの剥離紙を左右別々に剥がすことができますし、剥離紙を剥がした後の糊面は、なんとシルバーになってますね…! 従って、高い遮光性を備えている、ということになります。よって、ダンボールとダンボールの結合部に貼った際、結合部の隙間から漏れてきた光が透けて見えてしまう、ということがないんです。

f:id:tagoshu:20171225232114j:plain

実際に油性塗料で塗装実験をしてみたところ、このようにしっかりと塗装することができましたし、テープの上の塗装を爪でひっかいてみても全く剥離しませんでした。加えて、塗装の悪影響でテープが剥がれやすくなる、ということもありませんでした。

このように、この「白い製本テープ」は、ダンボール工作等にとても便利な特徴を備えた、素晴しいテープなのです。もしかすると、同様の特徴を備えたテープは、他には存在しないかも知れませんね (私が探しきれていない可能性も高いですが)。

ただし、3点ほど欠点があります。1点目は、一般的な布テープ等に比して粘着力が弱いように感じること (追記: そうでもないかも?)。2点目は、一般的な布テープ等に比してかなり割高であること。3点目は、一応は普通のホームセンターで入手できるものの、普通は大量に使うようなテープではありませんので、置いてあったとしても少量のみである可能性が高い (追記: 事務用品店なら割と多く置いてあるかも?) ことです。以上の特徴と欠点を理解した上で、ぜひ活用してみてくださいね。

ちなみに、何故私がこんなことを調べていたのか? 実は、ダンボール製の半球ドームスクリーンを作ろうとしているんですよ。その内面をつや消しホワイトで綺麗に塗装したいなぁ、という目的で調べていたわけです。製本テープにたどり着くまでに苦労しましたが、良い案が見つかって嬉しかった…!

追記: 類似品に要注意…!

f:id:tagoshu:20180110044819j:plain

この2つ、同じニチバンの白い製本テープで、パッケージがよく似ているのですが…

f:id:tagoshu:20180110045000j:plain

実は別の製品です。

f:id:tagoshu:20180110044834j:plain

糊面が銀色のものが「契約書割印用 ホワイト (BK-2535)」、糊面が灰色のものが「契約書割印用 (BK-2534)」であり、BK-2534 の方には遮光性がありません。遮光性が必要な場合には間違って買わないようにご注意を…! (俺は間違って3個も買った…orz)