星風Pの雑記帳

個人企画『ドームで上映会』 (Twitter: @DomeDeShow) 主催者。個人Twitter: @tagoshu

【ドームで上映会】持ち込み映像の上映に関するスタンス

星風Pが主催する個人企画『ドームで上映会』では、参加者の皆さまが持ち寄った映像 (市販のアニメや映画等の映像ディスク、自作の平面映像・ドーム映像・パノラマ映像など) や静止画を上映する「持ち寄り上映会」のようなイベントも実施していきたいと考えています。ここに、持ち込み映像の上映に関するスタンスをまとめておきます。なお、このスタンスは随時更新されます。

VOCALOID キャラクター等を使用した映像に関して

クリプトン・フューチャー・メディア(株)

f:id:tagoshu:20180115230735p:plain初音ミクを初めとするクリプトン社の各種キャラクターを使用した映像に関しては、『ドームで上映会』として ピアプロリンク を申請し、2018 年 1 月 15 日に受理されましたので、上映可能です。ピアプロリンクは受理から 1 年間有効です。

なお、ピアプロリンクは「利用料 0 円の非営利有償サービス (イベント)」として申請しました。申請前にクリプトン社に相談したところ、「例え非営利の無料イベントであっても、イベントで上映する場合にはピアプロリンクを申請して欲しい」とのことでしたので、それに従った形です。

株式会社AHS (AH-Software)

結月ゆかりを初めとする AHS 社の各種キャラクターを使用した映像に関しては、AHS 社に問い合わせたところ、非営利・無料イベントであるために キャラクター使用ガイドライン (VOCALOID 結月ゆかりの場合) の範囲内での使用に該当する、という判断を頂きましたので、上映可能です。なお、AHS 社の場合、このガイドラインはキャラクター毎にページが分けられていますのでご注意ください。

株式会社インターネット

Megpoid GUMI を初めとするインターネット社の各種キャラクターを使用した映像に関しては、インターネット社に問い合わせたところ、非営利・無料イベントであるために VOCALOID シリーズ キャラクター使用に関するガイドライン の範囲内での使用に該当する、という判断を頂きましたので、上映可能です。

その他の二次創作作品に関して

その他の二次創作作品に関しては、版権元が公式の二次創作ガイドラインを用意しており、そのガイドラインを遵守している作品のみを上映可能です。

版権元への確認が必要であると考えられる場合には、必要に応じて主催者である私から各社に問い合わせますので、まずはご相談ください。

ドーム投影の特徴に関して

半球状のドームシアターにおいては、全視界を覆い尽くすようなサイズで各種映像を超大映しすることが可能であり、これは平面スクリーンにおいては無理なことです。

しかしながら日本国内においては、ドームシアターにおける映画やアニメの上映会が、商業イベントとして実施されることは滅多にありません。従って、ドームシアターで観賞したければ、自分たちでやるしかないのです。ここに、このような上映会を同人イベントとして開催する意義があります。(※ 海外には IMAX ドームシアター というものが存在しており、ここで映画が上映されているようです。)

投影サイズは、使用するプロジェクターや魚眼コンバージョンレンズ次第で可変であり、半球ドームのほぼ全体を覆うような極端な超々大映しも可能です。このような方式での投影は、半球ドーム専用のドームマスター形式の映像や、HMD 等で用いられるパノラマ形式の映像の投影に適します。

平面用映像の場合、このような極端な超々大映しも一応は可能ですが、あまり良い結果にはならない傾向がありますので、「見やすさとのバランスを考慮したサイズでの超大映し」を用いた方が良いでしょう。この方式であれば、大画面投影が可能という半球ドームの特徴を活かしつつ、それなりに自然な印象で投影可能です。

しかし、ドームに超大映しした場合、どんな作品でも楽しめるというわけではありません。カメラワークが激しい場合には映像酔いを誘発しがちですし、カメラワークが大人しい場合であっても、投影サイズが大きいために映像全体の内容を把握し辛い、曲面スクリーンであるために映像がやや歪んで見える、といった難点が生じることがあります。

なお、星風Pは自宅に直径 1.4 m の DIY 半球ドームシアター (ダンボール製だが充分に高品質なもの) を持っていますので、ご希望に応じて私がこのドームでテスト投影し、ドーム投影に適するかどうかを確認させて頂くことが可能です。

ご希望に応じて、魚眼コンバージョンレンズを使用しない、素の状態のプロジェクターによる投影にも対応致します。この場合には、投影サイズは小さくなりますが、明るく鮮やかで鮮明な投影が可能ですし、曲面スクリーンへの投影に伴う歪みもほぼ問題になりません。

ただし、プラネタリウムのドームスクリーンは、映画館のスクリーンほどには均質ではなく、鳥かご状の骨組みの模様が見えてしまう場合が多い、という点は予めご了承ください。厚木市コスモシアターのドームは比較的綺麗ですが、それでも鳥かご状の骨組みの模様はうっすらと視認できてしまいます。

まとめると、『ドームで上映会』の場合、次の3方式での投影に対応可能です:

  1. 半球ドームのほぼ全体を覆うような極端な超々大映 (主としてドームマスター形式やパノラマ形式の投影用)
  2. 見やすさとのバランスを考慮したサイズでの超大映 (平面用映像の投影用)
  3. 魚眼コンバージョンレンズを使用しない、素の状態のプロジェクターによる投影 (平面用映像の投影用)

使用予定のプロジェクター、魚眼コンバージョンレンズ、再生用機器、再生用ソフトウェアに関して

メインプロジェクターとしては、BenQ HT2550 (ネイティブ 4K、2200 lm のホームシアターDLP プロジェクター) を使用予定です (※ 2018 年 2 月中旬に発売予定)。

ドームに超大映しするためのコンバージョンレンズは、レイノックス DCR-FE181PRO (対角魚眼)レイノックス DCR-CF187PRO (円周魚眼) の2種類を用意します。

181PRO は平面映像を超大映しする際に程良い投影範囲が得られ、187PRO は半球ドームの 4/5 程度を覆う程度の投影範囲が得られますので、ドーム用の映像やパノラマ形式の映像の投影に適します。

ただし、プロジェクターおよび魚眼コンバージョンレンズの限界から、ドーム全体を完全に覆う (=フルドーム) 投影とはならず、後面の一部が欠けた状態での投影となります。

また、本来はプロジェクター用ではないコンバージョンレンズですので、どうしても像がやや甘くなります。

投影輝度に関しては、直径 12 m のドームであっても大きな不満がないレベルの明るさが得られるとは思いますが、投影面積が大きい関係上、どうしてもやや薄暗い印象になってしまいます。

投影解像度は、ドームの 4/5 程度を覆うように投影した場合、実質的な直径解像度としては 3K 弱程度 になると思われます。

なお、何らかの理由で HT2550 が使えない場合には、予備の Full HD プロジェクターを使用させて頂く可能性もあります。

これらの点については予めご了承ください。

映像の形式、解像度に関して 

映像の形式は、平面用 / ドームマスター形式 (半球) / パノラマ形式 (全球) の各種に対応可能です。また、動画以外にも、静止画や静止画のスライドショー等 (例えばフォトジェミック系作品) も上映可能です。

平面映像 の場合、超大映しする関係上、SD ソース (DVD) よりは HD ソース (Blu-ray) が望ましいです。ただし、映像ディスク / USB メモリ内の動画の再生用機器として、優秀なアプコン性能を備えた PS4 Pro を使用予定 (※ ただし、ノート PC を使用する場合もあります) ですので、SDソースでもそれなりに綺麗にアプコン投影できるかもしれません。

4K プロジェクターを使用しますが、4K ソースに拘る必要はありません。アプコン性能が優秀な PS4 Pro で再生する限りにおいては、4K ソースを再生した場合と、2K ソースを再生した場合に、極端に大きな違いは生じないはずです。

なお、原則として、自然な見え方を実現するためにプロジェクターのデジタル台形補正機能を使用しますので、4K ソースをドット・バイ・ドットで投影することはできません。この点に関しては、予めご了承ください。

ドームマスター形式 (半球) の場合は、可能であれば直径 3K の解像度があれば、プロジェクターの性能を最大限に活かすことが可能です。しかし、直径 2K 程度でも充分に綺麗な投影結果が得られるはずです。

円周魚眼レンズ等で撮影した動画や静止画の持ち込みも歓迎致しますが、円周魚眼レンズの写真の座標系はドームマスター形式とはやや異なっているケースが多いですので、最良の投影結果を得るためには、Cube2DM (フリーソフト) 等を使用して直径解像度 3K のドームマスター形式に事前変換しておくことをお勧め致します。

パノラマ形式 (全球) の場合は、縦解像度が直径解像度に該当しますので、6K×3K の解像度があれば、プロジェクターの性能を最大限に活かすことが可能です。ただし、再生用 PC の限界から、スムーズな再生が無理である可能性が考えられます。

4K×2K 程度であれば、充分に綺麗な投影結果が得られますし、再生上の問題も発生しないはずです。2K×1K だとちょっと寂しいかもですが、必要最小限の画質は得られると思われます。

6K×3K のような高解像度パノラマ映像をスムーズに再生したい場合には、Cube2DM (フリーソフト) 等を使用して直径解像度 3K のドームマスター形式に事前変換しておく、という方法もありますのでご検討ください。

なお、ドームマスター形式に変換する際、切り出す範囲は必ずしも 180 度である必要はなく、220 度程度で切り出した方がパノラマ感が高い投影結果を得られることがあります。

動画だけではなく、RICHO THETA 等によるパノラマ静止画の持ち込みも歓迎致します。RICOH THETA SC Type HATSUNE MIKU のコーナーを設けたりするのも面白そうですね。

ドームマスター形式およびパノラマ形式の動画や静止画の再生用としては、AMATERAS Dome Player のフリー版を使用予定です。動画の場合には、事前に AMATERAS Dome Player に付属している AMATERAS Encoder を使用し、AMATERAS Dome Player での再生に適した形式に変換願います。

パノラマ形式の場合には、エンコードの際の プロファイル として「リサイズなし 高品質」を選択してください。「ドームマスター」でエンコードした場合には、正方形の動画に変換されてしまいますのでご注意ください。

上映可能な映像の内容に関して

「持ち寄り上映会」には、様々な皆さまにご参加頂くことになると思いますので、基本的には、初見の方でも楽しみやすいような作品が望ましいです。ですが、需要が少ない作品でもあえて上映できるのが同人イベントの面白さではないでしょうか…!?

ですので「需要は少ないかも知れないけど俺はこれをぜひとも上映して欲しいんだ…!」というご希望がございましたら、上映を検討させて頂きますよ。

『ドームで上映会』で上映可能な映像の内容に関しては、使用させて頂く会場に迷惑を掛けないためにも、過度に性的・暴力的なもの、その他の様々な理由により会場に迷惑が掛かる可能性がある映像については不可とさせて頂きます。

性的な表現の許容ラインの例:

  • アニメひなこのーと: 稀にパンチラ描写とかあるけどまあ過度とまでは言えないのでギリギリOK
  • アニメ桜Trick: 年齢制限のない作品であり、パンチラ描写とかはないけどキスシーンがエロ過ぎるのでNG
  • アニメKiss×sis: 年齢制限のない作品であり、乳首露出とかはないけどパンチラ山盛りでキスシーンとかもエロ過ぎるのでNG

OK/NGの基準は、主催者である私、星風Pの 主観 です。私が主催するイベントですので、私には上映可否を判断する責任があります。原則として持ち込み予定の映像の内容を事前に確認させて頂いた上で、私が可否を判断させて頂きます。

事前連絡のお願い

事前連絡なく当日持ち込んで頂いた映像に関しては、もし時間に余裕があり、内容的に問題がない場合には上映させて頂くこともできるかも知れませんが、原則として事前連絡の上で持ち込んで頂くようにお願い致します。  

A. 市販のアニメや映画等の映像ディスクの持ち込み上映に関して

 まずはこちらをご参照ください:

このスタンスに納得して頂いた場合のみ、主催者である私、星風Pの責任において、持ち込んで頂いた市販のアニメや映画等の映像ディスクを上映させて頂きます。その結果として、映像の権利者との間で何らかの紛争に発展したとしても、その責任は原則として上映会の主催者たる星風Pにあり、映像を持ち込んだ人物には原則として責任はないものとします。

上映可能な映像ディスクは、市販用のものに限り、レンタル用の映像ディスクは不可とします。加えて、これは法律上の制限ではないのですが、商業的な映画上映との競合を抑制するため、次の自主規制を課します:

  • 映像ディスクの発売前に、日本国内で劇場公開された作品: 日本国内での封切り日 (※ 先行上映を除く) から 10 ヶ月以上が経過している場合のみ上映可能 (※ 上映可能作品には、10 ヶ月 以上が経過していても劇場公開が続いている作品を含みます。)
  • 映像ディスクの発売前に、日本国内で TV 放送/ネット配信された作品: 日本国内での初放送/初配信から 10 ヶ月以上が経過している場合のみ上映可能
  • 日本国内において、劇場公開/TV 放送/ネット配信されることなく映像ディスクが発売された作品: 映像ディスクの発売から 10 ヶ月以上が経過している場合のみ上映可能
  • 海外製の映像ディスク (※ 日本国内盤が存在する作品を除く): 初公開 (劇場公開/TV 放送/ネット配信/映像ディスク発売) から 10 ヶ月以上が経過している場合のみ上映可能。ただし日本国内での上映会である関係上、言葉が分からないと楽しめないような内容のものは不可

(※ 自主規制の期間は、当初は 1 年としていましたが、10 ヶ月に改めさせて頂きました。)

当然ながら、TV 録画を焼いたものや、ネット配信のキャプチャ等も不可です。そういった映像を上映した場合は、恐らく法律に違反することになりますので。

そして、もし持ち込まれた映像が何らかの形で違法性があるものだった場合には、その違法性に関する責任はその映像を持ち込んだ人物にあり、星風Pにはないものとします。

映像の尺に関しては、基本的には 30 分アニメ 1 話分程度が上限と考えてください。

「OP / ED だけ上映して欲しい」等のリクエストにも対応可能です。

2時間の映画をまるっと上映する、という場合には、それ単体での上映会とする必要があり、「持ち寄り上映会」のような形では無理です。ですが2時間の映画等の場合であっても、私が「これはドームで上映すると面白そうだ」と思った作品に関しては、単体での上映会の実現を検討させて頂く場合もありますので、まずはご相談ください。

あるいは、あなた自身が主催者となって上映会の実現を目指すのも良いでしょう。ノウハウはお教えできますし、場合によっては機材の貸し出しに応じさせて頂くことも可能です。

B. 自作の作品の持ち込み上映・上演に関して

自作の映像や静止画その他の各種作品の持ち込み上映・上演に関しては、一般向けに公開上映・上演しても問題ないもののみを上映・上演させて頂きます。ここで言う自作の作品とは、個人や同人サークルが、営利を目的とせずに自主制作した作品を指すものとします。

映像形式としては、前述の通り、平面用、ドームマスター形式 (半球)、パノラマ形式 (全球) の各種に対応可能です。

例えば「自作映像ではあるが、借り物の素材を使用させて頂いている」というような場合には、制作者側で各素材の使用条件をしっかりとご確認の上で、必要に応じて各素材の制作者に問い合わせたり、クレジット表示に明記する等して、一般向けに公開上映しても問題が無い、ということを事前に確認願います。

また、映像を持ち込んだ人物が、その映像の制作者本人ではない場合であっても、映像を持ち込んだ人物が制作者から「一般向けに公開上映しても問題ない」旨を確認済みである場合にも上映可能です。

もし素材の利用規約違反や、その他の何らかの理由でその映像に問題があった結果としてトラブルが生じたとしても、その責任はその映像の制作者または映像を持ち込んだ人物にあり、私、星風Pには責任はないものとします。

加えて、自作映像の場合には、何らかの形で宣伝的意味合いを含む映像 (例えば映像制作会社のデモリール、商業作品のトレイラーなど) については不可とします。非営利であることが大前提の上映会ですのでご了承ください。 

映像作品以外にも、演奏やVJ、ダンス等のパフォーマンス、プレゼンテーション、コンピュータゲーム等にも対応可能です。つまり、色々なドームの楽しみ方を実現していこう、ということです。もしご希望でしたらまずはご相談ください。 

なお、「一般向けに公開上映するのは無理だが、大型ドームで投影テストしたい映像がある」という場合 (未完成作品や、実験的な作品など) には、ニコニコプラネタリウム部 が不定期に開催しているドーム投影実験会への参加をご検討ください。 

C. YouTube/ニコニコ動画等の映像のストリーミング再生による上映に関して

YouTube/ニコニコ動画等の映像のストリーミング再生による上映 (※ 映像を事前にローカルにダウンロードしたりせずに、ネット回線を通じて直接再生する) に関しては、まだ法的な問題がないか詳しく調べていないため、現段階では不可とします。

(※ もし参考になる情報をご存じでしたら、ご教示頂けるとありがたいです。) 

責任の所在に関するまとめ

まとめると、持ち込み映像の上映に関連した責任の所在は次の通りとさせて頂きます:

A. 市販のアニメや映画等の映像ディスクの持ち込み上映に関して

  • 上映実施の責任 → 主催者 (星風P)
  • 内容的に上映しても問題が無いかどうかの可否判断 (過度に性的・暴力的ではないかどうか、等) → 主催者 (星風P)
  • 持ち込まれた映像ディスクが、違法性が無いものであることを保証する責任 → 映像ディスクを持ち込んだ参加者

B. 自作の作品の持ち込み上映・上演に関して

  • 内容的に上映しても問題が無いかどうかの可否判断 (過度に性的・暴力的ではないかどうか、等) → 主催者 (星風P)
  • 二次創作作品を上映・上演するために必要な確認や版権元との交渉 → 主催者 (星風P)
  • その作品が、一般向けに公開上映しても問題が無いものであることを保証する責任 (使用素材の利用規約を遵守しているかどうか、等) → その作品の制作者、またはその作品を持ち込んだ参加者

上映実績の公開に関して

『ドームで上映会』は、公開上映会という位置付けですので、原則として各回の上映実績をウェブ上で公開していく方針です。ただし、映像を持ち込んだ人物が上映実績への掲載を希望しない場合には、上映実績には掲載致しません。

上映実績への掲載内容に関しては、市販の映像ディスクに関してはタイトル名のみを、自作映像等に関しては、タイトル名、制作者名、サムネイルを掲載させて頂く方針です。

最後に

以上のスタンスは、包括的なものではなく、およその方針を示すものに過ぎません。明記されていないケースに関しては臨機応変に判断させて頂きますので、不明点等がございましたら、まずはお問い合わせください。

それでは、よろしくお願い致します。参加者の皆さまと協力し合って楽しいイベントを実現していけると嬉しいですね。